2016年01月31日

アムスの週末(2日目)

トラムの1日券(と言っても24時間使えるので、お得な感じ)を購入、ホテルからリアルハウステンボスな町並みを抜け、中心街まで出た。
同じ名前の電停でも、行き先によって結構離れていたりするので要注意。けっこう遅れて来るので、遅れてるのだか、電停間違ってるのだか判りづらい…

で、目的地は「アムステルダム国立美術館」

ゴッホ美術館は、激混みだったのでパス。国立美術館の方は事前にネットでチケット購入(昨日の日本料理屋さんの人のアドバイス)してあったが、それほど混んではいなかった。

インドネシアのヤリが飾ってあったり、長崎出島の展示があったり、なんだかオランダとは縁があるような気がしてくるから不思議。もう来ることはないとは思うが…

フェルメールとレンブラントを押さえて帰ってきた。

・牛乳を注ぐ女 (Milkmasje)
・青衣の女 (Dame in blauw jak)
・デルフトの小道(小路) (Het Straatjd)
・恋文 (Liebesbrief)

フェルメールは上記4つまとめて観れるから「3本買うと今ならもう1つ」とジャパネット社長の声が聞こえてきそうな感じ…
さすがにマウリッツハイスよりは、客が多かった。
写真撮ったと思ったんだけど見当たらない…

C360_2016-01-31-12-32-32-864


C360_2016-01-31-12-34-21-346


C360_2016-01-31-12-51-25-233


C360_2016-01-31-12-51-39-054


C360_2016-01-31-12-56-46-650


C360_2016-01-31-13-04-19-355


C360_2016-01-31-13-05-31-402


ashiber at 16:00│Comments(0)TrackBack(0)││出張 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔